■誠実、丁寧な明るい対応が自慢/埼玉県、東京都内他、関東近郊の足場工事なら【市川架設】 

株式会社市川架設
HOMEイメージ
ごあいさつ
「宙(そら)を歩く」を実現する企業として
産業や日常生活に欠かすことのできないのが建物。その建物を造るうえでなくてはならない伝統技術、そのひとつに足場作業があります。
遠く江戸時代には鳶(とび)という職業です。江戸の華として浮世絵にも描かれていますが、足場そのものはもっと古くからあり、法隆寺の五重塔の建築にも足場が使われていたことが分かっています。
現代においても、住宅やマンション、ビル建築のみならず、近年増えつつあるリフオームにも足場工事が必要とされています。
どれだけの技術が進歩しても、高所作業を進めるための足場作業は必要不可欠、伝統技術です。そんななくてはならない足場工事に当社・社員一同が自信をもって取り組んでいます。

「宙(そら)を歩く」を実現する企業として
人の身体の何倍・何十倍もある建築物を造るためには、人は宙(そら)を歩かなければなりません。
高所作業には経験と技術力が必要とされますが、時には命懸けな作業もあります。
当社は常に安全第一を最優先とし、技術力と経験豊富なスタッフを揃えて「宙(そら)を安全に歩く」 企業として社会に貢献したいと思っています。
「安全を最優先とし、事前準備を万全にして、作業効率を考え、満足いく足場を造る」ことが当社の仕事であり 社会に貢献する最大の使命と思っています。
工事現場は主に埼玉・都内・神奈川など関東周辺ですが、お客様のご希望があれば地域を問わず作業をします。
作業過程において近隣住民の方にはご迷惑をおかけしないよう、「礼儀」を大切にしています。
「宙(そら)を歩く」を実現する企業として、安全第一の施工と更なる技術力の向上に努めたいと思っています。
社長
代表取締役
企業情報はコチラ
施行例はコチラ
求人情報はコチラ
Copyright (C) Ichikawa-kasetsu All Right Reserved.